パク・ジニョンとパン・ヒショクのある事件がなければ誕生していなかったBTS

K's-Style
この記事は約3分で読めます。

TWICEとBTSがどうなっていたのか?パク・ジニョンとパン・ヒショクの仲で変わっていたかも?

TWICEが所属する事務所、JYPエンターテインメント創業者のパク・ジニョンが、
ある失態がなければBTSが存在しなかったかも?という事実に、
BTSファンのARMYが驚いているそうです。

JYPエンターテインメントとは、何の関係もなさそうなBTSが、
一体どういうことなのでしょう?BTSのデビューの背景には、
BTS生みの親のパン・シヒョクとJYPの創業者のパク・ジニョンの関係があったそうです。

パク・ジニョンとパク・シヒョクの関係とは?


BTSが所属するBigHitエンターテインメントの創業者でもあり、
プロデュースを手掛けるパン・シヒョクは、実は、JYPにて作曲家として活躍していた時代がありました。

韓国一の名門校、ソウル大学に入学し自他共に認める優秀な学生だったヒショクは、
音楽活動に積極的に取り組み始めます。その才能に目をつけた、
1972年生まれの同い年だったJYPエンターテインメントの創設者パク・ジニョンは、
彼とタッグを組むことを決意しました。

シヒョクは、JYPにて8年間プロデュースについて学んだ後、BTSやその後輩グループTXTが所属する
「Big Hitエンターテインメント」を設立。一体何があったのか?

きっかけは『靴下事件』


JYPのパク・ジニョンは、2011年に自身のファンミーティングにて、
アメリカで共同生活中とある失態をし
パン・シヒョクがJYPから去ってしまったというエピソードを明かしています。

それは、パン・シヒョクは、「靴下事件」がきっかけだったそうです。離れるまでになるどんな靴下事件があったのでしょう?

2人は、HIP HOPの本場アメリカにて共同生活を行い、
過酷な時期を過ごしていました。そしてある日の喧嘩を境に
パン・シヒョクは、「ごめん、でもこれは違うと思う」と言い放ち、急遽韓国に帰国したという。

パク・ジニョンいわく、「シヒョクは、夜は作曲をして昼には曲を売っていました。
あの日は、曲を売るためにロサンゼルスにまで一時間半の道を運転して、
かなり疲れていたんだと思います。

洗濯担当だったシヒョクは、僕が靴下を裏返しで洗濯機に入れたことに腹を立て、
僕もストレスが溜まっていたもんだから一時間以上の口論になりました。
その喧嘩の後、彼はJYPを去りました」

このことを、ファンミーティングにて当時のことを振り返ったパク・ジニョンは、
『靴下を裏返してなければ、出ていかなかっただろうに(笑)』
と笑いを誘っていました。


離れても、お互い
ジニョンは、
「パン・シヒョクがいなければJYPはうまくいかなかった」

ヒショクは、
「パク・ジニョンからプロデュースのすべてを学んだ」と
お互い認め合い感謝し合う仲。

たかが靴下の裏返しただけで、そこまでなるのか?と信じがたいですが、
そのことがなければ、BTSは誕生していなかったのか?

はたまた、2人でBTSを誕生していたら
どんなBTSになっていてのか?離れたことでお互いに、
TWICEやBTSという大人気トップグループを誕生させたので、きっかけはくだらないことでしたが、
結果オーライだったことは間違いない!

タイトルとURLをコピーしました